• ハチのイラスト
    スズメバチ等のハチに刺されればどのような被害があるのか、それを理解していない人が多いです。
  • 当たり前に生活しているすぐ傍にも害虫からの危険は潜んでいます。一番身近な存在としているのはハチです。

postheadericon 危険行為

作業員

スズメバチ等のハチは人間やその他の物を明確に見極めて攻撃しているわけでは無く、近づいてくる黒い物体に関して攻撃を仕掛ける特徴があります。
ブーツやカバンに帽子に髪の毛と言うような黒い物に反応します。
時にはカメラやストラップにも反応する事があります。… Read more

postheadericon 攻撃的

ガッツポーズ

危険なのに身近に存在しているハチはアシナガバチとスズメバチです。
これは公園等にも季節になると毎回駆除業者が呼ばれる事がありますが、それでも被害は無くなりません。… Read more

postheadericon 種類

軍手装着

一番身近で見かけて、そして毒性が低いハチにスズメバチがあります。
これは1~2センチ程度の小さなハチであり、基本的に花の蜜を集めて生活しています。
ミツバチは毒針を刺す事によって自分自身も死亡してしまう構造になっている為に、そうそう刺してくるような事はありません。
閉鎖的な空間に巣を作る事が多い為に、時には民家の屋根裏に静かに入り込んで巣を形成している事があります。
そうなった場合、天井からハチミツが垂れてくる事になり、それによって駆除業者へ連絡する人も少なくありません。
ハチミツがたれていなくても、何故か室内が甘い臭いになっているという事もあります。
Read more

postheadericon 生息場所

腕組

昔、スズメバチ等の危険なハチは自然の多い場所にしか殆どおりませんでした。
都会にはそもそも自然がありませんし、エサも早々無いですから虫にとってもメリットが無かったのです。
しかし、近年では田舎の方からも自然が消え、虫の行き場が無くなったおかげで都会にまでどんどんとスズメバチ等の危険なハチが出没するようになってきています。
都会では駆除も進んでいますが、人間が普段気にしないような場所に突如スズメバチが出没するようになっており、中荷は自宅の屋根裏や軒先に作られてそれなりに巨大化するまで気付かなかったという人もおります。
ハチも考えていますから、あまり人の出入りが激しい場所や気付かれやすい場所には巣を作る事はありません。
そうして本格的に働き蜂が活動しだす時期まで見つからずに過ごし、7月~9月にかけて人を襲うようになります。… Read more